〈各種イベント〉

■上映毎に監督トークイベント開催

各プログラムの監督が来場し、自分の作品や相手の作品ついて熱 いトークを繰り広げます。もちろんQ&Aも!

■ドライブ100マイル vol.4

3/20(木23:30開幕!

シアターセブン

2年の時を経てあのイベントが返ってきた! 8ミリ作品の特別上映や、CINEDRIVE参加監督や関係者のインディペンデント映画シンポジウム開催!シネドライブに参加していない監督・スタッフ・役者その他の方も大歓迎!朝までしゃべ り尽します!!

入場料500円+別途ドリンク代500円  ※3日通券・1日通券をお持ちでない方は+500円

 

ミリ作品上

 野良景色

~銀鉛画報会2・シングル8篇~  75分

●監督:薬袋恭子 フィルムメーカーズ:山崎幹夫 村上賢司 内村茂太 大川戸洋介 藤原章 中川究矢 大野有紀子 ほしのあきら 緑川珠見 出射広海 内田清輝 大木裕之 大西健児  制作:銀鉛画報会■映像の秘密結社・銀鉛画報会によるオムニバス8mm映画第2弾。2013年の9月末日をもって半世紀の歴史に幕を降ろしたフジカシングル8を巡る最後の映像ジャムセッション。村上賢司・藤原章・ほしのあきら・大木裕之・内村茂太ほか、未だにこだわりの8ミリ映画を手掛ける有志シネアストたちが集結

犬の装飾音

27分

●監督:笹久保伸 音楽:秩父前衛派 撮影:大西健児 制作:粟津ケン 出演:清水 悠 笹久保紅織 青木大輔■秩父を中心に音楽活動からアート運動を展開するアーティスト・笹久保伸が率いる芸術集団・秩父前衛派。2013年10月、秩父前衛派が遂に映像制作に着手する、しかも、もうオシマイだと叫ばれる8ミリ映画を使って短編映画を制作する。映像と音楽の本格的融合を目指すハイブリッド・パフォーマンスLIVE作品。やさぐれたミュージシャンの青年と彼をとりまくぎこちない人間関係の中で、理不尽で不条理な運命に翻弄された1匹の犬の告白。

 

 

 

チラシには犬の装飾と書かれていますが、正しくは犬の装飾音です

■クロージングオールナイトイベント

3/23(日22:30開幕!

シアターセブン

8ミリ作品上映後、3日間を通しての総括、果たして六年後の未来は手掛かりは見つかるのか!?大反省会となってしまうのか!?果たしてその結果や如何に!!

入場料500円+別途ドリンク代500円  ※3日通券・1日通券をお持ちでない方は+500円

 

8ミリ作品上映

妖精-Sprite-

68分

●監督:しまだゆきやす 編集:大西健児 制作:イメージリングス 出演:しまだゆきやすとその仲間たち・歴代しまだガールズ ■2011年に他界した故・しまだゆきやす氏が残した大量の8ミリフィルム…未完成のまま投げ出された彼の映画を再生させるプロジェクトがひとつの作品としてまとめられた。イメージリングス代表として90年代から数多くの自主映画作家を支援・発掘してきた迷プロデューサーであり、なによりも彼自身が強烈な作家性を放つひとりのシネアストでもあったしまだゆきやすは今一度、再評価されるべきかもしれない。冥界から届いた映画遺産である。

 

オトヲカル

36分

●監督:村上賢司 現像:大西健児 協力:鈴木直樹 きくなみきよふみ 中川究矢 出演:天津優貴 帯谷有理 村上大喜 ■去年の9月末日をもって、富士フィルムは最後に残った唯一の国産8ミリフィルム・フジカシングル8のサービスを終了しました。半世紀の歴史を誇ったもっとも小さなシネマフォーマットの消失です。デジタル全盛の現在、誰もがクリックひとつでクリエイターになりえて、指先ひとつで世界中に映像を発信できる時代。この小さな暗闇を必要とするプリミティブなメディアの役目は本当に終わってしまって良かったのでしょうか。今更、状況をひっくり返すことはできませんが、検証するには充分すぎるほどこの世には8ミリ映画が残されました。山形国際ドキュメンタリー映画祭2013・スカパー!IDEHA賞受賞作品「オトヲカル」は期限切れ同時録音用のサウンドフィルムを使った最期のシングル8作品。シングル8に造詣の深い有志シネアストらが集結。そもそも、8ミリ映画とはなんだったのか?この小粋な骨董玩具の可能性と限界を暴いてみましょう。勿論、8ミリフィルムを使って。両作共、最後に流通した全ての8ミリフィルムの消費期限2013年3月以降に撮影されています。これこそ、メディアが消滅するという希有な事象の記録なのです。

このページのTOPにもどる